忍者ブログ
合理的学習方法http://www.geocities.jp/think_study_hard/の管理人をしている者です。日頃の雑念を綴って行きたいと思っています
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


一般電話や携帯から海外へ通話すると、料金が結構かかる。特に携帯からだと、例えばイギリスへかける場合、平日昼間で1分216円かかる。(ドコモの場合)
しかし、Skype To Goを利用すると、携帯から国際電話を利用する場合、以下のように節約できる。
ここではイギリスへかける場合を想定して、簡単に箇条書きにして説明してみる。

1.Skype Proに登録する。(毎月300円)*1
2.To Goを有効化する。この際、自分の住んでる国が日本という事に同意する。*2
後からは変更できないので注意。
3.相手(イギリス)の番号を登録する。
4.日本のTo Go番号を取得する。
「2228150~~」と表示されるので、「222815」を削除し、「0」を加え、「050~~」にかけると、登録された番号へ通話できる。これは日本国内のIP電話へ通話することとなる。
自分の携帯→国内のIP電話(To Go)→相手の電話
という流れになる。

*1以前にskype公式サイト経由でスカイプクレジットを購入したことがなければ、1500円(5ヶ月分のSkype Proの使用料+450円分のSkype Out料金)の契約となる。なお、SkypeProはいつでも解約できるが、1500円は戻ってこない。

*2この段階で、例えばスウェーデンを選択すると、スウェーデンのTo Go電話を取得することとなる。
故に、例えばスウェーデンの友人から日本にいる自分へ格安で通話してもらいたい場合、自分の住んでる場所をスウェーデンに登録し、自分の日本国内の番号を登録し、スウェーデン国内のTo Go番号を取得して、それを教えればよいこととなる。その際、相手は国内通話料だけを支払い、自分がSkypeOut料金を支払うこととなる。
但し、法的責任が伴うので、自国の詐称は自己責任でお願いしたい。また、To Go番号の登録は一件のみで、指定先の番号の変更は週に一度出来る。自国の選択は一度限りなので、注意。なお、一度解約すれば、この問題は解消される。


To Go番号へかけた場合における必要となる料金は以下のとおり。

必要となる料金=①普通通話料+②SkypeOut料金+③接続料金+④Skype Pro利用料


①通話料は、一般電話からかけるなら、普通に一般電話からかかる料金、
携帯電話からかけるなら、普通に携帯電話からかかる料金。

②SkypeOut料金をこちらで事前に購入する必要がある。SkypeOut料金の詳細はこちらから。1分単位の利用料金が分かる。
例えば、日本からイギリスの一般電話にかけるには、2.38円/分。
イギリスの携帯電話へは28.7円/分かかる。

③接続料金は4.9円

④To GoはSkype Proに契約しないと利用できない。毎月300円かかる。

To Go番号へ携帯からかけた場合と、普通に相手(イギリス)へ携帯からかけた場合の料金の差の例は以下のとおり。(平日昼間、ドコモのタイプSの料金プランの場合)

★携帯からTo Go経由でイギリスの一般電話へ

5分=106.8円
(携帯通話料18円×5分)+(Out料金2.38円×5分)+(接続料金4.9円)

15分=310.6円
(携帯通話料18円×15分)+(Out料金2.38円×15分)+(接続料金4.9円)

1時間=1227.7円
(携帯通話料18円×60分)+(Out料金2.38円×60分)+(接続料金4.9円)

※月に300円のPro料金が加わる。


★携帯からTo Go経由でイギリスの携帯へ

5分=237.9円
(携帯通話料18円×5分)+(Out料金28.7円×5分)+(接続料金4.9円)

15分=705.4円
(携帯通話料18円×15分)+(Out料金28.7円×15分)+(接続料金4.9円)

1時間=2806.9円
(携帯通話料18円×60分)+(Out料金28.7円×60分)+(接続料金4.9円)

※月に300円のPro料金が加わる。

★携帯からイギリスの一般電話へ(イギリスへの携帯電話へも料金は同じ)


5分=1080円
(携帯通話料216円×5分)

15分=3240円
(携帯通話料216円×15分)

1時間=12960円
(携帯通話料216円×60分)


以上のことから、特定の外国在住者に対して通話する頻度が多い人にとっては、一般電話や携帯の国際電話サービスを利用するよりも、To Goを利用したほうが4~10倍お得となる。
なお、音声の遅延が時々発生するが、1秒ほどでそこまで会話に支障をきたすことはない。音質もかなりクリア。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
自己紹介:
合理的学習方法の管理人をしているものです。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析

Copyright © [ 雑念日記 ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]

雑念日記 格安で海外へ電話
合理的学習方法http://www.geocities.jp/think_study_hard/の管理人をしている者です。日頃の雑念を綴って行きたいと思っています
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


一般電話や携帯から海外へ通話すると、料金が結構かかる。特に携帯からだと、例えばイギリスへかける場合、平日昼間で1分216円かかる。(ドコモの場合)
しかし、Skype To Goを利用すると、携帯から国際電話を利用する場合、以下のように節約できる。
ここではイギリスへかける場合を想定して、簡単に箇条書きにして説明してみる。

1.Skype Proに登録する。(毎月300円)*1
2.To Goを有効化する。この際、自分の住んでる国が日本という事に同意する。*2
後からは変更できないので注意。
3.相手(イギリス)の番号を登録する。
4.日本のTo Go番号を取得する。
「2228150~~」と表示されるので、「222815」を削除し、「0」を加え、「050~~」にかけると、登録された番号へ通話できる。これは日本国内のIP電話へ通話することとなる。
自分の携帯→国内のIP電話(To Go)→相手の電話
という流れになる。

*1以前にskype公式サイト経由でスカイプクレジットを購入したことがなければ、1500円(5ヶ月分のSkype Proの使用料+450円分のSkype Out料金)の契約となる。なお、SkypeProはいつでも解約できるが、1500円は戻ってこない。

*2この段階で、例えばスウェーデンを選択すると、スウェーデンのTo Go電話を取得することとなる。
故に、例えばスウェーデンの友人から日本にいる自分へ格安で通話してもらいたい場合、自分の住んでる場所をスウェーデンに登録し、自分の日本国内の番号を登録し、スウェーデン国内のTo Go番号を取得して、それを教えればよいこととなる。その際、相手は国内通話料だけを支払い、自分がSkypeOut料金を支払うこととなる。
但し、法的責任が伴うので、自国の詐称は自己責任でお願いしたい。また、To Go番号の登録は一件のみで、指定先の番号の変更は週に一度出来る。自国の選択は一度限りなので、注意。なお、一度解約すれば、この問題は解消される。


To Go番号へかけた場合における必要となる料金は以下のとおり。

必要となる料金=①普通通話料+②SkypeOut料金+③接続料金+④Skype Pro利用料


①通話料は、一般電話からかけるなら、普通に一般電話からかかる料金、
携帯電話からかけるなら、普通に携帯電話からかかる料金。

②SkypeOut料金をこちらで事前に購入する必要がある。SkypeOut料金の詳細はこちらから。1分単位の利用料金が分かる。
例えば、日本からイギリスの一般電話にかけるには、2.38円/分。
イギリスの携帯電話へは28.7円/分かかる。

③接続料金は4.9円

④To GoはSkype Proに契約しないと利用できない。毎月300円かかる。

To Go番号へ携帯からかけた場合と、普通に相手(イギリス)へ携帯からかけた場合の料金の差の例は以下のとおり。(平日昼間、ドコモのタイプSの料金プランの場合)

★携帯からTo Go経由でイギリスの一般電話へ

5分=106.8円
(携帯通話料18円×5分)+(Out料金2.38円×5分)+(接続料金4.9円)

15分=310.6円
(携帯通話料18円×15分)+(Out料金2.38円×15分)+(接続料金4.9円)

1時間=1227.7円
(携帯通話料18円×60分)+(Out料金2.38円×60分)+(接続料金4.9円)

※月に300円のPro料金が加わる。


★携帯からTo Go経由でイギリスの携帯へ

5分=237.9円
(携帯通話料18円×5分)+(Out料金28.7円×5分)+(接続料金4.9円)

15分=705.4円
(携帯通話料18円×15分)+(Out料金28.7円×15分)+(接続料金4.9円)

1時間=2806.9円
(携帯通話料18円×60分)+(Out料金28.7円×60分)+(接続料金4.9円)

※月に300円のPro料金が加わる。

★携帯からイギリスの一般電話へ(イギリスへの携帯電話へも料金は同じ)


5分=1080円
(携帯通話料216円×5分)

15分=3240円
(携帯通話料216円×15分)

1時間=12960円
(携帯通話料216円×60分)


以上のことから、特定の外国在住者に対して通話する頻度が多い人にとっては、一般電話や携帯の国際電話サービスを利用するよりも、To Goを利用したほうが4~10倍お得となる。
なお、音声の遅延が時々発生するが、1秒ほどでそこまで会話に支障をきたすことはない。音質もかなりクリア。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
自己紹介:
合理的学習方法の管理人をしているものです。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析

Copyright © [ 雑念日記 ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]

雑念日記 格安で海外へ電話
合理的学習方法http://www.geocities.jp/think_study_hard/の管理人をしている者です。日頃の雑念を綴って行きたいと思っています
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


一般電話や携帯から海外へ通話すると、料金が結構かかる。特に携帯からだと、例えばイギリスへかける場合、平日昼間で1分216円かかる。(ドコモの場合)
しかし、Skype To Goを利用すると、携帯から国際電話を利用する場合、以下のように節約できる。
ここではイギリスへかける場合を想定して、簡単に箇条書きにして説明してみる。

1.Skype Proに登録する。(毎月300円)*1
2.To Goを有効化する。この際、自分の住んでる国が日本という事に同意する。*2
後からは変更できないので注意。
3.相手(イギリス)の番号を登録する。
4.日本のTo Go番号を取得する。
「2228150~~」と表示されるので、「222815」を削除し、「0」を加え、「050~~」にかけると、登録された番号へ通話できる。これは日本国内のIP電話へ通話することとなる。
自分の携帯→国内のIP電話(To Go)→相手の電話
という流れになる。

*1以前にskype公式サイト経由でスカイプクレジットを購入したことがなければ、1500円(5ヶ月分のSkype Proの使用料+450円分のSkype Out料金)の契約となる。なお、SkypeProはいつでも解約できるが、1500円は戻ってこない。

*2この段階で、例えばスウェーデンを選択すると、スウェーデンのTo Go電話を取得することとなる。
故に、例えばスウェーデンの友人から日本にいる自分へ格安で通話してもらいたい場合、自分の住んでる場所をスウェーデンに登録し、自分の日本国内の番号を登録し、スウェーデン国内のTo Go番号を取得して、それを教えればよいこととなる。その際、相手は国内通話料だけを支払い、自分がSkypeOut料金を支払うこととなる。
但し、法的責任が伴うので、自国の詐称は自己責任でお願いしたい。また、To Go番号の登録は一件のみで、指定先の番号の変更は週に一度出来る。自国の選択は一度限りなので、注意。なお、一度解約すれば、この問題は解消される。


To Go番号へかけた場合における必要となる料金は以下のとおり。

必要となる料金=①普通通話料+②SkypeOut料金+③接続料金+④Skype Pro利用料


①通話料は、一般電話からかけるなら、普通に一般電話からかかる料金、
携帯電話からかけるなら、普通に携帯電話からかかる料金。

②SkypeOut料金をこちらで事前に購入する必要がある。SkypeOut料金の詳細はこちらから。1分単位の利用料金が分かる。
例えば、日本からイギリスの一般電話にかけるには、2.38円/分。
イギリスの携帯電話へは28.7円/分かかる。

③接続料金は4.9円

④To GoはSkype Proに契約しないと利用できない。毎月300円かかる。

To Go番号へ携帯からかけた場合と、普通に相手(イギリス)へ携帯からかけた場合の料金の差の例は以下のとおり。(平日昼間、ドコモのタイプSの料金プランの場合)

★携帯からTo Go経由でイギリスの一般電話へ

5分=106.8円
(携帯通話料18円×5分)+(Out料金2.38円×5分)+(接続料金4.9円)

15分=310.6円
(携帯通話料18円×15分)+(Out料金2.38円×15分)+(接続料金4.9円)

1時間=1227.7円
(携帯通話料18円×60分)+(Out料金2.38円×60分)+(接続料金4.9円)

※月に300円のPro料金が加わる。


★携帯からTo Go経由でイギリスの携帯へ

5分=237.9円
(携帯通話料18円×5分)+(Out料金28.7円×5分)+(接続料金4.9円)

15分=705.4円
(携帯通話料18円×15分)+(Out料金28.7円×15分)+(接続料金4.9円)

1時間=2806.9円
(携帯通話料18円×60分)+(Out料金28.7円×60分)+(接続料金4.9円)

※月に300円のPro料金が加わる。

★携帯からイギリスの一般電話へ(イギリスへの携帯電話へも料金は同じ)


5分=1080円
(携帯通話料216円×5分)

15分=3240円
(携帯通話料216円×15分)

1時間=12960円
(携帯通話料216円×60分)


以上のことから、特定の外国在住者に対して通話する頻度が多い人にとっては、一般電話や携帯の国際電話サービスを利用するよりも、To Goを利用したほうが4~10倍お得となる。
なお、音声の遅延が時々発生するが、1秒ほどでそこまで会話に支障をきたすことはない。音質もかなりクリア。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
自己紹介:
合理的学習方法の管理人をしているものです。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析

Copyright © [ 雑念日記 ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]